PHPの変数を使う方法

PHPでプログラムを書くときには、さまざまなデータを使います。そもそも、変数は文字列や数値を入れておく場所とイメージするとわかりやすいです。中身のデータの代わりに変数名を書き入れます。たとえば、変数を書くと以下の通りになります。

$name=“Satou”;

左側が変数、右側がデータをあらわします。ここでは変数nameという箱に佐藤という文字が入っていることを意味します。また、出力する際には、

<?php

$name=”Satou”;

echo$name;

?>

となります。

なお、PHPも変数で使える有効範囲が限られている範囲のことを「スコープ」と言います。{}で囲まれ、関数の範囲内で宣言した変数のことを「ローカル変数」と呼びます。また、「グローバル変数」はその外で宣言した変数です。なお、ローカル変数をグローバルスコープでも使えるようにするためには、グローバル宣言というものをする必要があります。globalと書き込むのみですので、意外と簡単にできます。globalと書き込むことによってローカル変数はグローバルスコープでも使うことができるという訳でした。