ヒアリングシートで漏れ防止

Webサイトの制作依頼があったとき、内容確認のため行われるヒアリング。制作者側としては十分な準備のうえ臨むように心がけておきましょう。この場で特に大事なことと言えるのが、依頼者サイドの意向を的確に把握すること。

そのため可能なかぎり確認しておきたい事項を洗い出し、文章化しておくことが良いと言われています。さらの当日の流れをシュミレーションしておくのも一つの手かもしれません。

このような時移検討しておくべき事項をまとめたヒアリングシートなども公開されており、有効活用するというのも漏れがなくなりいいのかもしれません。

またWeb制作に熟知している制作者側として、発注者側で返答に窮する場合も想定して適当な案も考えておくという配慮も必要になるかもしれません。