計算や集計の機能を使おう

データベースは集計や計算といった機能もあります。値を合計するSQLは「SELECT SUM(price) FROM my_items;」です。これで、すべての商品の価格を合計した金額をしることができます。また、例えば、買物情報を記録したテーブルで、その人の買い物の合計金額を知りたいときや売上を記録しているテーブルなどで、1年分の売上の合計などを計算するといた、WHERE句を組み合わせれば、とてもいろいろな計算ができます。さらに、クラスの点数を記録したテーブルから、最高得点のメンバーを算出したり、気温を記録したテーブルから、今年の最低気温を算出するということができます。とても便利な機能なので使いましょ。データベースというのは扱う情報量が増えてくると、ひとつのテーブルでは管理が難しいといえます。そのようなときは、複数のテーブルに情報を分けて管理します。そして必要におじて、組み合わせて使うことで、データのやり取りが扱いやすくなります。複数のテーブルを横断してデータを扱うためのテーブル同士を組み合わせるという方法があります。例えば、「my_items」の各商品の生産者も合わせて管理したいという前提で、そこで、カラムを1つ使いするという作業をします。また、その生産者の住所などを管理したくなったりすることもあるかと思います。そういった場合、カラムをどんどん増やしてしまうと、テーブルがどんどん大きくなってしまいます。そういった場合は、無理に1つのテーブルにしようとせず、テーブルを分けて管理するようにしましょう。phpMyAdominを起動してmydbをクリックしてテーブル作成でmakersと指定しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です