携帯電話振分プログラム

WebサイトやWebプログラムというのに、携帯電話からの利用も多くなっているかと思います。携帯電話向けのWebサイトを作ることが必要となってくるケースも増えたそうです。携帯電話への対応としては、最も一般的なのは「エージェント切り替え」と呼ばれるものだそうです。これはアクセスしてきたWebプラウザの種類に応じて、表示するファイルを変更するという方法だそうです。エージェント切り替えというのは、自分で組み立てることもできるそうです。けれど、種類がとても多いために面倒ということがあるそうです。そのため動作確認なども容易ではないそうです。優れたライブラリを使って作れば手間がかからないということがあるそうです。PEARで携帯電話用ライブラリ「Net_UserAgent_Mobile」というものが公開されているそうです。これを利用してプログラムを作成したらいいそうです。携帯電話でアクセスするには、インターネット上のWebサーバーにファイルをアップロードしてからでないと確認ができないそうです。携帯電話のサイトを確認するには、実際に携帯電話の端末でアクセスするしか方法がないそうです。とはいえ、携帯会社のそれぞれの機種を揃えるのは難しいかと思います。そこでFirefoxに非常に便利な拡張機能があるそうです。これは携帯電話のエージェント情報を利用できるそうです。また表示のシミュレートをしてくれるそうです。また、XAMPP、MAMPを使ったローカルサーバで確認することができるそうです。これは開発中に手軽に確認する場合にとても便利なツールだそうです。PHP開発は土台から柱を立てて壁を作って家を立てるというような作業だそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です