プログラムのライブラリ化

プログラムというものは、ある程度決まった動作があるそうです。いつも決り文句のように作らなければならない仕組みというものがあるそうです。「ライブラリ化」ということをするとスマートにデータベースに接続できたりするそうです。ライブラリというのは英語の図書館の意味だそうです。それはまるで図書館に行って足りない知識を補うというように、PHPのプログラムで「ちょっと足りない機能を付け足す」ということができるそうです。ライブラリというのは自分で作成することもできるそうです。他の人が作ったライブラリをもらって自分のプログラムに付け足すということも可能だそうです。このようなことをすることで、プログラムを作る場合に「よくあること」をいちいち自分で作らなくてもいいようになるそうです。他の人が作ったプログラムを借りて、簡単に作ることができるということだそうです。ライブラリは、各プログラマが自分のブログなどで配布していたりするそうです。また、そういったようなライブラリをまとめて公開しているサイトもあるそうです。PHPの開発で足りない機能や、困ったことが解決できるというライブラリが登録されているサイトだそうです。電子メールを送付するためのライブラリがあるそうです。それは添付ファイルを送付したり、HTMLメールを送付することができたりと、標準の「mail」ファンクションにはできない便利な機能が搭載されているそうです。この他にもデータベースの操作を、より高度に行うためのライブラリがあったり、XMLの制御を行うためのライブラリ、携帯電話を扱うためのライブラリがあるそうです。探してみるとたいていの機能を補うことができるそうです。