HTMLを画面に表示させるには

PHPのプログラムを利用する際、そのほとんどの場合Webページを使うことになるでしょう。

もちろん、HTMLでも利用することが出来るので、HTMLの中にPHPを埋め込んで記述することが出来るのです。

PHPの特徴のひとつとして挙げられるのは、先ほど記載した「PHPをHTMLの中に埋め込んで利用する」というところです。

PHPのプログラムである「<?php」と「?>」で挟んだところ以外は、通常のHTMLと同様に記述をすることが可能です。

HTMLを生成する場合であっても、PHPのプログラムで必要な「’(シングルクォーテーション)」と「”(ダブルクォーテーション)」を使ってタグを記述すれば、そのままHTMLで反映することが出来ます。

ただし、HTMLでは属性を「”(ダブルクォーテーション)」で囲むという規則があるので、なるべくならPHPのプログラムでは「’(シングルクォーテーション)」を使用して差別化した方がよいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です