Webサーバの役割

PHPの基礎を解説する前に、WebブラウザとWebサーバのやり取りについて詳しく解説します。このやり取りの中には Webプログラミングをする上で知っておくべき内容が含まれます。ツールを使って
このやり取りを覗いてみます。

Webサーバは HTTP のリクエストを受けて、HTMLを出力します。
HTTPヘッダから見るWebブラウザとApache間の通信について、Webページにアクセスする場合、Webブラウザのアドレス欄にURLを入力しますが、このように Webブラウザを通じて Webページを要求することを「HTTP リクエスト」と呼びます。HTTPリクエス卜は、インターネットを介して、世界のどこかにある Webサーバにたどり着き、Webサーバ内にインストールされているApache がその要求の受付けを行います。

要求を受け取ったApacheは、URLを解析して、要求された HTML ファイルなどをWebブラウザに返信(レスポンス)します。このWebブラウザとWebサーバとの間で行われるやり取りの中には、みなさんの自には通常見えない 「ヘッダ」と呼ばれる情報が含まれています。ヘッダ情報は HTTP リクエストや HTML のレスポンスを行う中で、WebブラウザとWebサーバが、会話をするための大切な仕組みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です