PHPには様々な「PHP構文」というものがあります。代表的なものにif文やfor文、while文などがあります。さて、PHPの構文を書く際に最低限知っておきたい事、注意してもらいたい事についてまとめました。まず、プログラムは上から下に読まれて行くということです。PHPのプログラムが実行されるのは、あくまでもPHPのプログラムが書かれたファイルにアクセスがあったときとなります。ファイルの拡張子は「.PHP」とすることでWebサーバーがphpのプログラムと認識することができるのです。また、命令文を書く際に細かいルールとして覚えておきたいのは、「半角」を使用すること。命令文の最後にセミコロン:(セミコロン)をつけることです。

なお、PHPとHTMLの違いをご存知ですか。HTMLはファイルに書かれた内容をブラウザが変換して表示しますが、HTML単体でページの内容を変化させることはできない、いわゆる「静的サイト」と呼ばれるものです。一方は、PHPはHTMLのページにプログラムを埋め込み、静的なサイトから動的なWebサイトを作成することができるプログラミング言語となっています。なお、PHPは主にWebの開発に適したプログラミング言語となっています。

News

PHP入門

  • php入門

サイト管理人:佐藤 真太郎

こんにちは。サイト管理人の佐藤 真太郎です。 PHPについてサイトを運営しています。 連絡先:admin@thespicychocolate.com

免責事項

WEBサイトの掲載情報に基づいてユーザーが下した判断および行動によりいかなる結果が発生した場合においても、それによりお客様が直接的または間接的に損害を被られたとしても、サイト運営元はその責を負いません。 当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、当サイトに掲載後、事前に予告することなく名称や内容等の改廃を行う場合や、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。